このページの先頭へ

八戸10の物語
3 南郷の田舎風情

「里山の四季、日本の原風景」

里山の風情が残る南郷地区。
まちの喧騒を離れ、ありのままの四季に身をゆだねれば、
田舎ならではの贅沢さに出会うことができるかも。

八戸満喫旅「南郷」» 八戸市の観光ガイドブック「八戸満喫旅」南郷のページ

里山の暮らし

南郷そば打ち体験

 八戸市南郷地区の魅力は、自然豊かな田園空間。のどかで美しい里山の自然と共に生きる、昔ながらの暮らしが息づいています。

 廃校になった小中学校の校舎を活用した「山の楽校」は、そんな昔の暮らしを体験できる施設。そば打ち、炭焼き、豆腐・味噌づくり、ぞうり編み、自然農法による野菜づくり…小さな木造のぬくもりあふれる校舎で、地元の人々から昔のことを昔のままに教わるのが、南郷流のおもてなし。

 「南郷歴史民俗資料館」に展示されている、ダムに沈んだ世増(よまさり)地区の古民家も、過去の暮らしを現在に伝える貴重な資料。現代の喧騒を離れて、昔の人々の声に耳を傾けてみませんか。

山の楽校のひまわり畑南郷歴史民俗資料館

四季折々の山の幸

そばかっけ

 海の幸のイメージが強い八戸市にあって、南郷地区の食の魅力といえば、山の幸。

 稲作に不向きな南郷では、古くからそばの栽培が盛んで、そばの生地を三角や四角に切った「そばかっけ」など、さまざまな形でそばが食べられてきました。現在は「山の楽校」「道の駅なんごう」などでそば打ち体験を楽しむことができます。

 また、標高が高く寒暖差が大きいことから、南郷では果物の栽培も盛ん。南郷各地の観光農園で、いちご・さくらんぼ・ブルーベリー・りんごなど、四季を通じてフルーツの収穫体験が楽しめます。

 新鮮なのに、どこかあたたかく懐かしい。南郷の食を堪能してみてください。

さくらんぼ狩りブルーベリー狩り

紅葉の里

 自然豊かな南郷地区は、八戸市内で一番の紅葉の見どころ。

 雄大な紅葉がお目当てなら、「青葉湖」へ。青葉湖は世増(よまさり)ダムの建設によりできたダム湖で、S字型の特徴的な形をした湖は、眺める場所によって変化する多彩な景観を楽しむことができます。

 紅葉のもつ和の美しさを堪能したいなら、「カッコーの森エコーランド」へ。茶室「谿松庵(けいしょうあん)」の庭園と小川の静かなせせらぎが、どこか雅やかな雰囲気を醸し出します。

 南郷の隠れた紅葉の名所を巡れば、八戸の四季の魅力をより鮮やかに感じられるはず。

青葉湖カッコーの森エコーランド

コラム「南郷サマージャズフェスティバル」

 25年以上の歴史を持つ、東北最大級のジャズフェスティバル。国内外からジャズのトップアーティストたちが集い、夏空を焦がす熱い演奏を繰り広げます。これまで、日野皓正氏、大西順子氏、渡辺貞夫氏、ボビー・コールドウェルら錚々たるアーティストが参加。トップクラスの演奏を聴きに、全国からジャズファンが2000人以上も訪れます。南郷が「ジャズの里」と称される所以です。

開催日時 2017年7月29日(土)13:00~20:45(開場12:00)※予定
場所 カッコーの森エコーランド野外ステージ
※八戸駅から会場まで無料シャトルバスが運行されます。
リンク 南郷サマージャズフェスティバル2017
八戸の観光は「はっち」から