このページの先頭へ

八戸えんぶり

八戸10の物語
3 八戸えんぶり

「八戸地方に春を呼ぶ 豊年祈願の郷土芸能」

八戸の厳しい冬が育んだ郷土芸能「八戸えんぶり」。
きらめく烏帽子をまとい、凍てつく大地を摺る太夫の舞には、
豊作を願い春を待つ、人々の願いが込められています。

えんぶりとは

 国の重要無形民俗文化財「八戸えんぶり」は、八戸地方に豊作を願う郷土芸能。その名は田をならす農具「えぶり」や、「いぶり」(ゆすぶり)に由来すると言われ、冬の間眠っている田の神をゆさぶり起こし、田に魂を込める儀式とされています。

 えんぶりの一番の見どころは、太夫(たゆう)と呼ばれる舞手が、馬の頭をかたどった華やかな烏帽子(えぼし)を被り、頭を大きく振る独特の舞。その舞は、稲作の一連の動作である、種まきや田植えなどの動作を表現したものです。

 太夫の舞の合間には、子どもたちによる可愛らしい祝福芸が披露され、見る者を楽しませてくれます。

» 八戸えんぶりの雰囲気が分かる動画はこちら
» 「えんぶり豆知識」

  • 八戸えんぶり お庭えんぶり1
    八戸えんぶり「お庭えんぶり」 毎年2月17日から20日まで

 

主なえんぶり行事

八戸えんぶりは、曜日に関係なく毎年2月17日から2月20日まで開催されます。

» 2016年のえんぶり行事日程
» 2016年のえんぶり観覧券販売

奉納摺り(ほうのうずり):2月17日:長者山新羅神社

 毎年2月17日の早朝、えんぶり組が長者山新羅神社に集まり、本殿の前でえんぶりの摺り(すり)を奉納します。神前で行われるえんぶりは厳かな雰囲気。

2月17日奉納摺り2月17日奉納摺り

えんぶり行列・一斉摺り(いっせいずり):2月17日:八戸市中心街

 長者山新羅神社での奉納を終えた各えんぶり組は、行列を組んでまちを練り歩きます。中心街に集結した三十数組による一斉の摺りは圧巻で、数あるえんぶり行事の中でも最大の見どころの一つとなっています。

2月17日一斉摺り2月17日一斉摺り

御前えんぶり(ごぜんえんぶり):2月17日:八戸市庁前広場

 もともとは殿様の前で舞ったえんぶりの名残として、八戸市長はじめ関係者の前で、7組のえんぶり組が年番制でえんぶり摺りを披露します。一般の方も鑑賞できます。

2月17日御前えんぶり2月17日御前えんぶり

えんぶり公演:2月17日・18日:八戸市公会堂(有料)

2月18日・19日えんぶり公演 八戸市公会堂で行われる行事。迫力の摺り(すり)や愛らしい祝福舞など、えんぶりの魅力を余すところなくじっくり鑑賞できます。

» 2016年のえんぶり観覧券販売

かがり火えんぶり:2月17日〜20日

 期間中の夜に行われる「かがり火えんぶり」。八戸市庁前広場にかがり火が焚かれ、その明かりの中でえんぶりが行われます。かがり火に照らされ、烏帽子(えぼし)がきらめく太夫(たゆう)の舞や、夜空に響きわたるお囃子は情緒たっぷり。昼とは異なる魅力にあふれています。

かがり火えんぶりかがり火えんぶり

えんぶり一般公開:2月19日・20日:八戸市庁前広場

 市庁前広場の特設ステージで披露されるえんぶり。

えんぶり一般公開えんぶり一般公開

史跡根城えんぶり撮影会:2月18日・19日:史跡根城の広場

 日本100名城にも選ばれてい史跡根城(ねじょう)の広場の本丸主殿前で行われる撮影会。

» 史跡根城の広場

史跡根城えんぶり撮影会史跡根城えんぶり撮影会

お庭えんぶり:2月17日〜20日:更上閣(有料・要予約)

 かつては、「だんな様」と呼ばれる大地主や有力商家の土間や座敷で披露されることもあったえんぶり。そんな昔の風情を再現したのが、明治~大正時代の財閥の邸宅「更上閣」(こうじょうかく)の庭園で行われる「お庭えんぶり」です。

 夜の庭園で披露されるえんぶりは、昼とはひと味違う幻想的な雰囲気。甘酒と八戸せんべい汁を味わいながら、お屋敷のだんな様気分でえんぶりを鑑賞する贅沢なひとときを過ごすことができます。

» 更上閣
» 2016年のえんぶり観覧券販売

お庭えんぶりお庭えんぶり

八戸の観光は「はっち」から