このページの先頭へ

八戸えんじょいカード

「八戸えんじょいカード」終了のお知らせ

 

このたび、イベント券「八戸えんじょいカード」は、

2019年3月31日(日)をもちまして販売及び利用期間を終了いたします。

これまでご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。

お客さまのご理解を賜りますようお願いいたします。

 

【販売終了に関するお問合せ先】

八戸カード運営協議会事務局

(八戸市商工労働観光部観光課内)

電話 0178-43-2135

受付時間 平日8:15~17:00

 

 

DSC_4679-min

◎八戸えんじょいカード

 八戸市内のJRとバス(市営バス・南部バス)が1日乗り放題のフリーパス。観光にビジネスに、どなたでもご利用いただけますさらに、市内の各協賛店では割引きサービスなどの特典が受けられます。上手につかってお得に楽しく八戸をお楽しみください。

» 料金・購入場所 » 使えるエリア

【ジャンル別優遇サービス・モデルコース】

飲食店-min ホテル-min 見学-min お土産品-min 観光モデルコース-min

【エリア別優遇サービス】

DSC08885-min_161014 201009-min_161002 092816-min

◎八戸の主要エリアで乗り放題

top_area-image八戸市内全域の路線バス(フェリーターミナルでの乗降と南郷の一部を除く)、JR八戸線の八戸駅〜種差海岸駅の区間が一日中乗り放題。

●JR八戸線:八戸駅⇔種差海岸駅 区間

●市内路線バス:八戸市営バス・南部バス(フェリーターミナルでの乗降と南郷の一部を除く)

種差海岸遊覧バス「うみねこ号」

日曜朝市循環バス「いさば号」

八食100円バス・200円以下バス

 

◎八戸えんじょいカードの料金・購入方法

料金

大人:700円 子ども:350円

 

販売方法

DSC00498「八戸えんじょいカード」は、JR東日本管内の主な駅の「みどりの窓口」、「びゅうプラザ」で利用日の1ヶ月前からご購入いただけます。市内みどりの窓口にて、ガイドマップを配布しておりますので、ご利用前にお受け取りください。

【八戸えんじょいカードの取扱店】
JR東日本管轄の主な駅の「みどりの窓口」・「びゅうプラザ」

【ガイドマップ配布場所】
八戸市内みどりの窓口
(八戸駅、本八戸駅、陸奥湊駅、鮫駅)

 

◎使えるエリア

JR八戸線

area_lines_jr-2015-minご利用の際には、改札で「八戸えんじょいカード」をご提示ください。自動改札機はご利用になれません。

【利用できる駅】
八戸・長苗代・本八戸・小中野・陸奥湊・白銀・鮫・ 陸奥白浜・種差海岸

※利用エリア外に乗り越してしまった場合(種差海岸駅以降)は、乗り越した区間分の運賃をお支払いください。

八戸市営バス

area_lines_bus-city-2017(2)-minご乗車の際は、整理券をお取りください。下車の際に、整理券を運賃箱に入れ、乗務員へ「八戸えんじょいカード」をご提示ください。 八戸市内の路線全域でご利用いただけます。

※バスは中乗り・前降りです。

» 八戸市交通部

 

南部バス

area_lines_bus-nanbu-2015ご乗車の際は、整理券をお取りください。下車の際に、整理券を運賃箱に入れ、乗務員へ「八戸えんじょいカード」をご提示ください。 八戸市内の路線全域でご利用いただけます。

※フェリーターミナルでの乗降と南郷の一部を除く

※バスは中乗り・前降りです。 

» 南部バス

 

◎八戸中心街ターミナルについて

area_terminal2015-min八戸市中心商店街では、主要な5つのバス停を総称して「中心街バスターミナル」と呼んでいます。それぞれ、八戸市内および市外へ通じる路線のターミナル的役割をになったバス停です。

●八戸駅から中心街に来る際には、2番または3番で降ります。(もしくは1つ前の「十三日町」など。)

●中心街から八戸駅に向かう際は、5番で乗車します。

●南郷区に向かう際には、3番から乗車します。

●4番は主に小中野、鮫、種差方面から中心街へ戻りの際に降りる場所になります。また、階上方面や、二ツ屋方面へ向かうバス停です。

 

◎利用上のご注意

●JR八戸線の場合は、種差海岸駅以降、乗り越した区間分の運賃をお支払いください。
●バスの場合、乗り越すとカードが無効となりますので、乗車した全区間の運賃をお支払いください。