このページの先頭へ

観光イベント

八戸三社大祭

(ハチノヘサンシャタイサイ)

およそ290年の歴史と伝統を誇る八戸地方最大のお祭りで、国指定重要無形文化財に指定されており、平成28年12月にはユネスコ無形文化遺産に登録されました。27台もの豪華絢爛な山車絵巻や、古式ゆかしい神輿行列、虎舞などが見る人を魅了します。※平成29年度のみユネスコ無形文化遺産登録記念として、8/5(土)に記念祭が開催されます!※8月1日、2日、3日の有料観覧席のお問い合わせは八戸観光コンベンション協会へ(4月中旬頃発売開始)

時間 ■7月31日:前夜祭18:00~21:00■8月1日:お通り15:00~■8月2日:中日18:00~■8月3日:お還り15:00~■8月4日:後夜祭18:00~20:00■8月5日:ユネスコ無形文化遺産登録記念祭17:00~20:00
7月31日「前夜祭」 ライトアップされた美しい山車の一斉展示と、響きわたるお囃子が祭りの始まりを盛り上げます。
8月1日「お通り」 神輿・虎舞・神楽などの神社行列と山車の競演に、沿道は大きな歓声に包まれます。
8月2日「中日」 ライトアップされた山車の合同運行が夏の夜空を彩ります。
8月3日「お還り」 8月1日とはルートを変えて、神社行列と山車が中心街を練り歩き、祭りはクライマックスを迎えます。
8月4日「後夜祭」 再びライトアップされた山車の一斉展示。この日が最後とばかりに、お囃子にも力が入ります。
8月5日「ユネスコ無形文化遺産登録記念祭」 記念祭セレモニーやステージイベント(虎舞・神楽・郷土芸能披露等)、山車展示が行われます。
会場 八戸市中心街
問合せ先 (公社)八戸観光コンベンション協会 0178-41-1661
開催期間 2017.07.31 ~ 2017.08.05
ホームページ 八戸観光Navi