このページの先頭へ

観光イベント

第66回はちのへ七夕まつり

(はちのへたなばたまつり)

八戸の夏の風物詩として、昭和20年代後半から現在まで60年以上の歴史があり、毎年7月中旬から下旬にかけて行われています。まつりの由来は、昭和20年代後半に設立された八戸専門店会が、地域商業振興のために始めたといわれており、近年では期間中30万人~40万人の人出がある八戸三社大祭に次ぐ県南を代表する夏祭りです。 七夕の飾りつけは、まつりが開催される八戸市三日町、十三日町の各店舗や八戸市民が中心となって行っています。当日は路上を歩行者天国にして多彩な催しも行われ、盛り上がりを見せています。詳しくは添付のチラシデータをダウンロードの上、参照ください。

関連ファイルリンク
第48回八戸小唄流し踊り 日程 日時 7月13日(金)17:30~18:00場所 十三日町~三日町・はっち前詳しくは添付のチラシデータをダウンロードの上、参照ください。
会場 八戸市湊町本町、十三日町、三日町、ヤグラ横丁
問合せ先 八戸七夕まつり実行委員会:℡0178-43-5111
開催期間 2018.07.13 ~ 2018.07.16
ホームページ 八戸七夕まつり