このページの先頭へ

見どころ・観光スポット

八戸キャニオン

(はちのへきゃにおん)

 露天掘りの石灰石鉱山で、正式名称は八戸石灰鉱山。採掘場の広さは東西1000メートル、南北1800メートル、現在の最深部は海抜−170メートル。国内で最も空が遠い場所と言われています。採掘場内に立入りはできませんが、鉱山展望台からその圧倒的なスケール感を感じることができます。
 鉱山と八戸港の専用埠頭及び八戸セメント㈱を総延長約10キロの地下ベルトコンベアで結び、石灰石を輸送しています。

所在地青森県八戸市大字松館字寺地平32
営業時間【見学時間】
8:00〜16:30(採掘場の発破作業のため、11:30〜12:30は入場禁止)
【展望台への入場ができない期間】
お盆(8/13~8/16)と年末年始(12/29~1/3)は展望台までの敷地内に立ち入ることができませんのでご注意ください。
アクセス自動車:八戸自動車道八戸ICから20分、八戸駅から30分、八戸市中心街から車で20分
»八戸キャニオンへの行き方マップ(自動車)
駐車場
  • photo1
  • photo2

もどる