このページの先頭へ

種差海岸特集「海風に吹かれて種差散策」

花と鳴砂の渚[葦毛崎展望台・大須賀海岸エリア]

岬の展望台

 鮫角灯台を過ぎ、さらに海沿いを進むと見えてくる、岬に突き出た砦のような建造物が「葦毛崎展望台」(あしげざきてんぼうだい)。黄色や紫の花々が咲き誇る中にそびえ立つ展望台は、西洋の古城のようなどこかファンタジックな魅力をかもし出します。もちろん、太平洋をぐるりと見渡すことができる眺望も最高です。
 そして、この絶景をさらに素晴らしい思い出としてくれるのが、ふもとの売店のソフトクリーム。濃厚なミルク味を楽しみ、展望台に登って360°の景色を堪能したら、今度は遊歩道を歩いてみましょう。

» 観光スポット情報「葦毛崎展望台」

 

趣ある外観の葦毛崎展望台は、種差海岸遊歩道の基点でもあります。


花の渚

 葦毛崎展望台から遊歩道を数分歩いて、美しい岩礁地帯「中須賀」(なかすか)へ。初夏の中須賀では、遊歩道の海側からハマヒルガオやスカシユリの海浜植物が、陸側からノハナショウブやニッコウキスゲの高山植物が、おもてなしの競演。北国の厳しい気候と険しい地形が育んだ、「花の渚」種差海岸を代表する景観です。
 色とりどりの花々に迎えられながら、複雑な海岸線に沿って続く遊歩道を歩きます。

種差海岸の花の見頃:6月中旬~7月中旬頃

» 種差海岸を彩る花々
» 観光スポット情報「中須賀」

 

中須賀は、高山植物のニッコウキスゲや海浜植物のスカシユリ・ハマヒルガオなどのお花畑!岩礁沿いの遊歩道は爽快の一言です。


鳴砂の浜

 中須賀を抜け、「釜の口」の大岩を通り過ぎると、景色は一変。目の前に広大な砂浜が広がる「大須賀海岸」(おおすかかいがん)。踏みしめるとキュッキュッと音が鳴る「鳴砂」(なきすな)が特徴で、これは不純物が少ない綺麗な砂浜である証です。裸足になり、砂をじかに感じながら波音に耳を傾ければ、まるで地球と一体になったかのような気分を味わえます。
 美しい風景とは裏腹に、2km以上もの砂浜を踏破するには体力が必要。種差海岸の中でも最も美しく、最も過酷な海岸線を、ひたすら歩きます。

» 観光スポット情報「大須賀海岸」